×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お歳暮 お中元

お歳暮やお中元の時期と贈り物

お歳暮やお中元とはどういうもので、どんな方に、どのタイミングで贈るものなのでしょうか?

 

お中元の起源は、古代中国での道教の天神信仰があり、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元の日に天神を奉ったことでした。

 

お歳暮は、先祖の霊を迎えるための御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本に古くからある習慣です。一般的には両親や親戚、お稽古事の先生、会社の上司や取引先に贈ることが多いようです。

 

お世話になった方への感謝の気持ちとして贈るものですから、先方が喪中でも贈ります。お中元は基本的に6月中旬から7月15日までに贈ります。

 

もしも遅れてしまったら、立秋までは「暑中お見舞い」、目上の人には「暑中御伺い」という表書きで贈ります。立秋を過ぎてしまったら「残暑お見舞い」「残暑御伺い」とします。お歳暮は12月初旬から20日までに贈ります。

 

遅くても25日までには先方に着くようにしたいですね。年を越したら松の内までは「御年賀」立春までは「寒中お見舞い」「寒中御伺い」になります。

 

本来ならば直接お渡しするものですが、最近ではデパートなどで郵送することが多いですね。

 

贈るものは、家族構成や相手方の好みで決めます。お付き合いがなくなれば、贈るのをやめても構いません。お中元かお歳暮どちらかを贈るのであれば、お歳暮だけにします。

更新履歴